TOP
44.83score

はいいろ

中秋の名月は月餅を食べて幸せを分け合おう

空は澄み渡りすっかり秋空の今日この頃。中秋の名月が近づいてきました。
中秋の名月とは旧暦の8月15日のことで、澄んだ秋空に浮かぶ月を愛で、秋の収穫を祝う古来からの美しい行事です。
今年の2017年は10月4日です。満月は6日なので中秋の名月が満月とは限らないですが、満月前の明るい月は本当に美しいのでまさに名月ではないでしょうか。

さて、この季節になると私は月餅が食べたくなります。というのも以前9月下旬にタイを旅行した際、様々な月餅に出会ったからです。
日本ではお月見といえばお団子ですが、中華圏では中秋の名月に月餅を食べる風習があります。
お世話になっている人や会社の取引先に送ったりという習慣もポピュラーなため8月下旬ごろから中国はもちろんのこと台湾や香港、中華系の人が多く住むシンガポールやタイなどでは月餅商戦が繰り広げられます。

タイではコンビニでも様々な種類の月餅が並んでいました。スターバックスでは月餅だけではなく中秋の名月タンブラーなどのラインナップも充実していて「中秋の名月」を楽しんでいる感じが満載でした。
塩卵の黄身が甘い餡の中に入っているものやドリアン味など、日本ではなかなか馴染みのない味にも出会えました。なお塩卵の卵黄入りはオーソドックスかつトラディショナルな月餅らしいです。
意外にもドリアン味は美味しかったです。

そんなこんなで中秋の名月が近づくと中華圏での月餅商戦に想いを寄せて、美味しい月餅が食べたいと思う今日この頃です。
日本でもスーパーマーケットやコンビニの端に月餅が売られていますね。この季節になると心なしか商品の数が増えている気がしますが、やはり日本に住んでいる中華圏の方を意識してでしょうか。調べてみたら中華街やお取り寄せで中華圏で食べるような本格月餅が購入できるようなので今年こそ買ってみたいな~と思いました。
ちなみに中秋の名月に食べる月餅は家族や友人など大切な人と分け合って食べるもの、幸せを分け合って食べるという意味があるそうです。何だか素敵な習慣ですね。

※写真はコンビニで買った月餅です。日本でももっとポピュラーになるといいなぁ、月餅。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-09-29 13:27

コメント (0)