TOP
43.14score

はいいろ

スポンサーKataribe

日本から2時間半で西欧の街並み!極東ロシアのウラジオストクへ家族旅行

9月初旬、遅めの夏休みに家族で極東ロシアのウラジオストクへ旅行してきました。

なぜウラジオストクなのか?と言いますとロシアにずっと興味があったこと
も大きいのですが……簡単には以下の理由です。

①近い(成田から直行で2時間)
②安い(沖縄行くよりはるかに安い)
③異文化に触れたい

そんな感じでウラジオストクに行ってきましたが、良い意味でさまざまな衝撃を受けました。

街は完全に西欧です。本当に日本から2時間半?と驚きました。海と坂のあるステキなヨーロッパの街並みなんです。街のそこここに旧ソ連の雰囲気を漂わせる建物などもあり、ああここはロシアなんだなあ…としみじみ感じました。

そして英語はまったく通じません。
英語は通じませんが、ゼスチャーと筆談などでだいたい何を言っているのかは分かり困ることはありませんでした。子連れのせいか年配の女性はとにかく親切でした!

食べ物も日本より少し安く、街のそこここにピロシキ屋さんがあったりボルシチが気軽に食べられたりと、食文化を楽しめました。

駆け足の文章ですが、ウラジオストクで異文化を思いっきり吸収しまして遠いロシアが少し身近になった気がします。なかなか穴場ですよ、ウラジオストク!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


シベリア鉄道の終着駅。ウラジオストク駅

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


旧ソ連の雰囲気が漂う建物

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ウラジオストクは軍港であり港町でもあります

.

最終更新日:2018-03-07 07:55

コメント (0)